スペシャライズド(Specialized Bicycle Components)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く総合サイクリングブランドである。1974年、マイク・シンヤードにより設立。「大学卒業後にも自転車に関わる仕事がしたい」そう思っていた創業社長マイク・シンヤードは、当時乗っていたフォルクスワーゲンバスを1500ドルで売却。それを資金にサイクリング文化発祥の地であるヨーロッパ縦断旅行に出発した。そこで偶然チネリの創始者チーノ・チネリと会うチャンスを得てアメリカへの輸入権を獲得。創業当時は自宅だったトレーラーハウスを倉庫に利用し、自転車の荷台にパーツを積み込みバイクショップに納品する日々を送っていたという。1976年にはブランドオリジナルのパーツ開発にも着手。手始めとして作られたツーリング用タイヤは日本の三ツ星ベルトが製作したと言われている。その3年後には現在もラインナップにその名前が残っているロードバイク「アレー (Allez)」を発売。このフレームにも日本製のものが使用された。1981年、世界初の量産型マウンテンバイク「スタンプジャンパー (Stumpjumper)」をリリースする。このモデルは大ヒットとなり、「新しい自転車の文化とライフスタイルを切り開いた」功績により、ワシントンD.C.のスミソニアン協会の永久所蔵品にも加えられることになった。当時のスタンプジャンパーは日本の新家工業によるOEM生産で、その後も日本メーカーによる高品質なスチールフレームは高い人気を博した。社是を"Innovate or Die"(革新を、さもなくば死を)とし、ロードバイク、マウンテンバイクの自転車フレームのみならず、ウエア、ヘルメットなども開発。総合的なサイクリングの楽しさを感じてもらうため、積極的に新しい技術を採用し、その製品は競技レベルを問わず多くのサイクリストに使用されている。

※情報はwikipediaより抜粋

SPECIALIZED/スペシャライズド Crux Comp
SPECIALIZED/スペシャライズド Crux Expert
SPECIALIZED/スペシャライズド Crux Pro
SPECIALIZED/スペシャライズド Turbo Levo SL Comp
SPECIALIZED/スペシャライズド Stumpjumper Expert
SPECIALIZED/スペシャライズド Epic Expert
SPECIALIZED/スペシャライズド Stumpjumper EVO Expert
SPECIALIZED/スペシャライズド Epic EVO Expert
SPECIALIZED/スペシャライズド Enduro Expert
SPECIALIZED/スペシャライズド Demo Race
SPECIALIZED/スペシャライズド Turbo Levo SL Comp Carbon
SPECIALIZED/スペシャライズド Turbo Levo SL Comp Carbon
SPECIALIZED/スペシャライズド Turbo Levo SL Expert Carbon
SPECIALIZED/スペシャライズド S-Works Epic Hardtail
SPECIALIZED/スペシャライズド Turbo Kenevo SL Comp
SPECIALIZED/スペシャライズド S-Works Enduro
SPECIALIZED/スペシャライズド S-Works Epic
SPECIALIZED/スペシャライズド S-Works Stumpjumper
SPECIALIZED/スペシャライズド Turbo Kenevo SL Expert
SPECIALIZED/スペシャライズド S-Works Stumpjumper EVO
SPECIALIZED/スペシャライズド S-Works Epic
SPECIALIZED/スペシャライズド S-Works Epic - Speed of Light Collection
SPECIALIZED/スペシャライズド S-Works Turbo Levo SL
SPECIALIZED/スペシャライズド S-Works Turbo Kenevo SL
SPECIALIZED/スペシャライズド Demo Expert
SPECIALIZED/ラレー Demo Race